Site search

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

Site search

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

Categories

Tags

デトックス効果があるダイエットスープ

デトックスという言葉をご存知ですか。デトックスとは健康法の一つで、「浄化」「解毒」という意味を表す言葉。体内に溜まった毒素を排出する作用のことです。

私たちは生きている環境により、呼吸や食事などから無意識のうちに有毒物質を体内に取り込んでいます。この有毒物質が私たちの体にとって毒素となるのです。

体内に取り込まれた毒素は、便や尿、汗、毛髪、爪、などから体外へ排出されています。この排出がスムーズに行われている状態ならば問題はないのですが、体内に溜まってしまった場合、疲れやすくなったり、やる気が起きなかったりと体調が優れなくなってしまいます。

また、溜まってしまった毒素のせいで新陳代謝が低下し、冷えやむくみの原因となったり太りやすい体質になったりします。

デトックスを行うことによって体内に溜まった毒素を排出させ、体がもっている本来の機能を取り戻します。そして新陳代謝が促され、健康的な美しい体を取り戻すことにつながるのです。

デトックスの方法には、汗をかいたりエステでマッサージを受けたり、デトックス効果のある食べ物やサプリメントを摂ったりなどいろいろあります。

ダイエットスープの中にもデトックス効果をもつスープがあります。ダイエットスープは毎日の食事に取り入れるダイエット法。長く続けられるので、このスープによってデトックスもできると考えれば、一石二鳥ではありませんか。

デトックス効果のあるダイエットスープの中ではトマト、タマネギ、セロリなどの6種類の野菜が入った脂肪燃焼スープが代表的です。また、雑穀やさつまいも、キノコ類などもデトックス効果があります。ぜひお試しください。

もう中山美穂のことしか考えられない日記

栄養満点 雑穀のダイエットスープ

ここ数年の健康志向の上昇とともに、雑穀に注目が集まっています。 雑穀とは、あわ、ひえ、押し麦、はと麦などの米、小麦以外の穀物のことをいいます。

白米は精米のときに栄養分が削り取られてしまうのですが、雑穀は食物繊維やビタミン、ミネラル、タンパク質などの栄養がそのまま豊富に残されています。

以前は味や食感などが精白米に比べると劣っているというマイナスのイメージが強かったのですが、雑穀ブームの到来で人気が急速に広がっています。

雑穀が好きであれば雑穀入りのダイエットスープはいかがでしょうか。雑穀のスープに野菜がたっぷりと入っているスープ。空腹を感じることなく過ごせるのでダイエットが長続きするのではないでしょうか。

雑穀ダイエットスープの作り方(2人分)です。

【材料】
雑穀…25g
野菜…大根、ニンジンなど、お好みで3種類ほど
鶏もも肉、ショウガ、にんにく、えのき…好みの量
ホタテスープの素…小さじ2
薄口しょうゆ…小さじ2
水…600?
塩・コショウ…適宜

【作り方】
野菜と鶏もも肉を食べやすい大きさに切ります。 えのきは3等分、ショウガは薄切り、にんにくは芽を取ってつぶします。

鍋に油をひき、ショウガ、にんにくを炒め、香りがでたら鶏もも肉を入れてさらに炒めます。 ホタテスープの素と薄口しょうゆを水に溶かして鍋に加えます。 煮立ったら他の具材を加え、アクを取りながら煮ます。

雑穀を加えたら弱火にします。水を足しながら柔らかくなるまで10分程煮て、最後に塩・コショウで味を調えたらできあがりです。 雑穀スープならば、この1品だけでも栄養満点の食事になります。

効果的な脂肪燃焼スープの食べ方

どんなに効果的なダイエットスープでも、無意識に食べているだけでは十分な効果を発揮することはできません。むしろ、栄養が偏ってしまい健康を損なう危険性があります。健康的にダイエットを達成させるために、ダイエットスープの正しい食べ方をご紹介しましょう。

まず、夕食の最初に脂肪燃焼スープを食べます。食事時間が不規則な人や夕食時には食べられないという人は、朝食や昼食時に食べてもかまいません。また、脂肪燃焼スープは最低でも1週間は毎日食べ続けてください。

同じものを食べ続けていると飽きてしまうかもしれませんが、そんなときは味付けを変えるなど自分なりに工夫しましょう。

忙しくて毎日ダイエットスープを作れない人は、1週間分を作り置きしておくと便利です。冷蔵保存ができますので、スープを食べるときに一食分ずつ火を入れていただきましょう。

脂肪燃焼スープはとても健康的なスープではあるのですが、栄養がやや偏っています。とくに筋肉をつくるために欠かせないタンパク質が足りません。

脂肪燃焼スープのみの食事だと体に負担をかけてしまう危険性があります。タンパク質を補うために、脂肪分の少ない鶏ささみや豆腐などを意識的に摂るとよいでしょう。魚や肉を食べるときは、できるだけ茹でたり蒸したりして食べることをお勧めします。

パスタ類や揚げ物、お菓子類はカロリーが高いので避けましょう。また飲み物は、甘味料が入っているものは摂らないように。お酒も控え、水やお茶、ブラックコーヒーを飲むようにしてください。

より効果的に、健康的にダイエットを成功させるために、以上のことを守って脂肪燃焼スープを活用しましょう。

脂肪燃焼スープの簡単レシピ

数あるスープダイエットの中で、一番人気の脂肪燃焼スープのレシピをご紹介しましょう。 7皿分の材料です。

【具材】
・ タマネギ…大3個
・ セロリ…太めの茎1本
・ キャベツ…大きめのものを半分
・ トマト…大3個、またはホールトマト1缶
・ ニンジン…1本
・ ピーマン…1個
・ 水…2~3?

【だし】
・ かつおぶし…10g
・ 昆布…5g
・ 鶏ガラスープの素…小さじ1

【味付け】
・ ショウガ…1片
・ 天然塩…少々

作り方
まず野菜を好みの大きさに切ります。大きいと食べ応えがありますが、小さい方が火の通りが早くなります。

次に大きい鍋を用意して、かつおぶし、昆布、鶏ガラスープの素と野菜をすべて入れ、水1?を加えて火にかけます。アクが出たらその都度丁寧に取り除きながら中火で20分ほど煮ます。水気がなくなったら適宜加えてください。

野菜に火が通り柔らかくなったら天然塩で味を調えて火を止めます。味付けにショウガをすりおろしてスープに加えたらできあがり。

味付けをいりこや洋風のだしに変えたり、カレーパウダーやとうがらし、にんにく、ハーブなどをお好みで加えたりしてもよいでしょう。ただしダイエットのためのスープなので油や砂糖は使わないように。

作り立てももちろんおいしいのですが、2日くらいおくと野菜に味が馴染んでさらにおいしくなります。毎日火を通すと、冷蔵保存で1週間くらいはおいしくいただけます。作り置きしておくと便利でしょう。

脂肪燃焼スープダイエットの効果

最近話題となっているダイエットスープにはいくつか種類があります。中でもダイエットを目指す人々の間で注目の的となっているのが脂肪燃焼スープダイエットです。

脂肪燃焼スープダイエットとはタマネギ、セロリ、キャベツ、トマト、ニンジン、ピーマンの6つの野菜でつくるスープのことです。野菜の栄養が凝縮されたおいしいスープで、飽きることなく飲み続けられることが人気の秘密です。

テレビ番組で特集されたことがきっかけで話題となった脂肪燃焼スープダイエット、短期間で痩せられる『7日間脂肪燃焼ダイエット』として取り上げられましたが、とくに期間を決めずに、いつもの食事に取り込んでも効果は得られます。

脂肪燃焼スープの体への影響は、まず、体内の毒素を体外へ排出させる働きがあります。そして代謝を促し痩せやすい体質へと改善してくれます。

このスープの成分には脂肪分や体に毒になるものはまったく入っていないので、一日何回食べてもかまいません。つまり空腹を感じることなくダイエットができるというわけです。

太る心配がなく好きなだけ食べられる。むしろ食べれば食べるほど痩せられるというのですから、女性だけではなくメタボリック症候群の方々にも支持されるのは当然のことでしょう。

本来、このスープは治療の一環として体質改善のために開発された食事でした。ダイエット効果のほかにも便秘解消や美肌、血圧改善などさまざまな効果があります。
身近な食材で簡単につくることができる手軽さもうれしいですね。